腰痛症・産後の腰痛

痛みを引き起こす4つの原因

腰痛、首の痛み、膝や股関節、背中の痛みなど、体のどこか一箇所に痛みを抱えていてもQOLはかなり下がっちゃいますね。。

 

この痛みを生じるメカニズムには4種類あります。それは、

1:メカニカルストレス

2:ケミカルストレス

3:オーガンストレス

4:メンタルストレス

の4つです。順に説明していきますね。

 

1:メカニカルストレスとは、たとえば腰が曲がっていたいとか、長時間座りっぱなしで腰が痛いとか、O脚だから歩くたびに膝に負担がかかって痛むようになったとか、PC作業が多くて首が痛むとかの、骨格の歪みや筋肉の強張りから生じる、「運動器系」由来の痛みです。一般的に考えられている痛みの原因で、我々手技療法家にとっては大得意の分野です。

ですが手技療法には治療法と異なることが一つあります。たとえば腰痛を引き起こす原因が足首の傾きにある、とか、首の痛みは骨盤の歪みから生じている、など、体全体を観察して、力学的に痛みを生じている歪みの大元を見つけ出して是正する、という理論形態を持っていることです。

この考え方と是正する技術は本当に素晴らしいので、どうしてもすっきりと痛みが治らないという方は一度お越しください。びっくりすると思いますよ!

 

2:ケミカルストレスとは、急性期などに炎症を生じる物質が放出されて痛みを引き起こしているケースです。この場合には発赤、腫れ、などを伴いますから、早期に医療機関の受診をする必要があります。

 

3:オーガンストレスとは、内臓由来の疼痛のことを言います。たとえば生理痛で腰が痛いもは、子宮が収縮することで腰に痛みが生じており腰は悪くありません。胃潰瘍や胆石で背中が痛むのも同様で背中は悪くはありません。ざっくりですが、骨格〜筋肉の運動器系自体が原因のメカニカルストレスとの大きな差は、オーガンストレスは安静時に疼痛を発する、と覚えておけばいいでしょう。運動器系自体が原因で、ケミカルストレスの炎症もない場合、どんなに酷く痛めていても動かなければ痛みがないケースがほとんどです。寝返り一つ、腕一本動かせないようなひどい痛みがある場合にもです。

 

4:メンタルストレスとは、疼痛の原因が心因性の場合に生じるものを言います。抱えることができないくらいたくさんのストレスに苛まれると、肉体は悲鳴をあげて疼痛を発症します。厄介ですよ、これは。自分で特定できるストレスから、幼少時に受けたトラウマなどが原因となって痛みを生じるケースもあります。なかなかこれは強敵ですが、手技療法には「体性感情解放=ソマトエモーショナルリリース」という、ストレスが肉体に及ぼした緊張を緩和していく技術があります。長年抱えていたストレス緊張から解放されると、訳もなく号泣したりとか、色々な反応が現れることがあります。手技療法って本当にすごいですね。

 

 

長年痛みと同居している方は、自分の痛みはどのケースなんだろうと当てはめてみてはいかがでしょうか。

今年7月で開業30周年を迎え、今まで述べ10数万人の施術を行ってきましたが、アプローチが適切であれば、なくならない痛みはほぼない、と思っています。

関連記事

TOP