更年期障害

整体+パーソナルトレーニングと尿もれと

アラ還のクライアントさんのトレーニングをしている時に、『仲間内で集まると一番ホットな話題がなんと「尿もれ」なんですよ、私たちの世代って!』という話題になりました。

『いろんな雑誌で骨盤底筋引き上げって取り上げているけど、実際問題、効果があるまでやる人いないんですよ!』とも。

 

僕のやっているトレーニングは、骨盤底筋を引き上げながら体の軸を作る運動がメインテーマなので、毎回骨盤底筋は強烈に意識しながら色々な運動を行います。

 

腕立て伏せすると二の腕のタプタプが引き締まりますよ!ってわかっていても、腕が引き締まるまで毎日毎日継続して行える人ってほんの数%いれば良い方です。

 

女性には人生の一大事「出産」があります。産後にしっかりと骨盤フレームのリセットワークと骨盤底筋の引き締めが本当にマストなんですが、取り組む人はごく少数です。

そしてそのネガティブな影響が、心身ともに健康に翳りの見え始める更年期に入って、膀胱の保水機能に衰えが見え始め、体力的にもかなり衰えを感じ始めたことから多くの人が危機感を覚えるんですね。遅いって(汗。。)

何年もかけてそこまで弱った筋肉を機能改善していくのは並大抵の努力では至りません。しかも腕やお尻の筋肉=骨格筋とは異なる、日頃全くと言って良いほど使っていなかった内臓の筋肉=平滑筋を鍛えていくのですから、かなり苦労しますよ。イメージ的に軽度の脳卒中のリハビリに近い感覚、という感じですね。

 

しかし尿漏れは女性に限ったことではなく、男性にも尿漏れは普通に起こります。

それはここ数年、男性用の尿漏れパットが飛躍的な販売を記録していることからも明らかです。

当社調査ですが、70代以降の男性でズボンにシミのない方はほぼ間違いなく尿もれパット使用者と見て間違いないでしょう。

運動やトレーニングでも「体幹部=コア」の大切さが言われますが、具体的に「体幹部=コア」とはお臍〜恥骨〜肛門を結ぶ三角地帯のことを指します。昔で言う「臍下丹田」です。

 

ここの部分がしっかりと収縮して、あとは体全体の筋肉が十分にリラックスしながら、諸動作をおこなっている時が最も作業効率の良い動きが出来ている時です。

 

言うは安く行うは難し。

 

そのように動くには訓練が必要ですね。

 

そのための訓練が当院でおこなっている「整体+パーソナルトレーニング」になります。

 

産後のママから後期高齢者の方までたくさんの方が毎日体つくりに頑張ってます。

 

興味のある人はご連絡ください。

 

人生変わりますよ!

 

マジに!

 

 

関連記事

TOP