自然手技療法

コロナと猛暑!

久しぶりのブログ更新となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

梅雨が明けた途端に猛暑日が続き、コロナ感染者も3桁を下回らず、毎日がため息と共に過ぎ去っていく・・・ひょっとしてそんな感じでお過ごしではないですか?

私は3年半ぶりくらい?にHPのリニューアルをすることになりまして、その作り込みと、夏バテやら自粛しすぎて腰痛になったり首が回らなくなったり、なぜかここのところ赤ちゃんが欲しい方の新規クライアントさんなどが続けて来院されたりとかてんやわんやと、結構忙しく過ごしております。

 

そんな中、毎日のようにクライアントさんから同じニュアンスの質問をされます。

 

「こんなに暑いと何もできません。どうすればいいですか?」

 

「残念ですが、どうしようもありません。。こんなに暑いと、ムリです。。」

 

実際はぜんぜんシリアスな会話じゃないんですけど、上記みたいな感じのやりとりです(笑)

 

ムリですよ、こんなに暑ければなにもできません。だって朝5時の時点で28度もあるんですよ!都内アスファルトの温度は63度、低温調理ができる暑さですから。

 

できることと言ったら、1時間に1回くらい外に出て冷房病のリセットすること。

外出から帰ったら水のシャワーを浴びて皮膚呼吸を活発にして体表温度を下げること。

胃腸を弱らせないことと、栄養の摂取には十分に気をつけること。

もちろん熱中症には充分に気をつけて。

 

それ以外には、時短で有酸素運動や筋トレをしっかりと行うこと。

1日1回は大汗をかいて、湯船には必ず入ること。

 

暑いから何もしないできないと思えば何も出来ないし、暑くてもいろんなことやってる人は楽しく暑さを乗り切ってる、かな。

 

コロナも酷暑も過度に恐れなくて、正しく対処すればまぁまぁいいんじゃないかなと34度の暑さの中で考えています。

関連記事

TOP