産後の骨盤・不妊症

離乳食における穀物の重要性

乳幼児の健やかな発育には、全粒及び精製穀物の摂取がきわめて重要であるようだ、というカナダからの研究報告です。

 

 

https://www.nibiohn.go.jp/eiken/linkdediet/news/FMPro%3F-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=69379&-lay=lay&-Find.html?fbclid=IwAR1IT4Alh73hF0KkIbAVw8rbkl59fTzv8Un74PW2WjHN4rfDOpEY8_CX3XU

 

 

ニュートリショナルストラテジーズインクの研究チームは、乳幼児向けを含む米国人のための食事ガイドライン(2020-2025)を策定するうえで、穀物を評価するために、米国国民健康・栄養調査(NHANES)2001-2016のデータを解析して、穀物摂取乳幼児の栄養素及びエネルギー摂取量、食事の質、食品群別摂取を非摂取乳幼児と比較した。

その結果、穀物をよく食べる乳幼児は、食物繊維、亜鉛、葉酸、マグネシウム、チアミン、ビタミンB6等の栄養素の摂取が多いことが明らかになったという。

また、野菜、果物、豆類、全粒穀物、精製穀物、乳製品、たんぱく質、魚介類、飽和脂肪などの摂取が多かった。

「この研究の重要なポイントは、両親、介護者、および彼らに栄養指導を提供する人々が、乳幼児の食事に穀物を含める多くの利点と、それを除外する多くのリスクを知る必要があるということだ」と研究チームは結論付けている。

出典は『栄養素』。 (論文要旨)  

関連記事

TOP